よくある質問

成年後見

人は誰しも必ず老いていきます。
今は大丈夫であっても、面倒を見てくれるような人もなく将来が心配である、あるいは、現在すでに判断能力の衰えを感じていて、日々不安を抱えて暮らしていらっしゃるというケースは多くあると思います。
司法書士は、成年後見制度ができた当初から積極的に成年後見業務に取り組んできました。そのため、法定後見における親族以外の後見人等として家庭裁判所にもっとも多く選ばれてます。 皆さんが安心した生活を送るために成年後見制度を利用しようとお考えなら、お気軽にご相談ください。

一人暮らしの老後を安心して過ごしたい

任意後見制度を利用することが考えられます。
ある人が十分な判断能力があるうちに、将来判断能力が不十分になった時に備えて、あらかじめ自分が選んだ任意後見人との間で、判断能力が不十分になったあとの自分の生活、療養監護や財産管理に関する事務に関する任意後見契約を、公証人の作成する公正証書で締結しておくというものです。 
 その任意後見契約を締結しておくと、実際にその人の判断能力が低下した時に、家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと、任意後見人が任意後見契約で定めた内容に基づき、その人を代理してその人のために各種の契約(療養施設の入所契約など)を締結するなど、その人の意思に基づいて適切な支援をするという制度です。

離れて暮らす年老いた親が悪質商法に遭わないか心配だ

家庭裁判所が適切な支援者を選ぶ「法定後見制度」を利用することが考えられます。
認知症、精神障害、知的障害などの理由で、判断能力の不十分な人々は、自分自身だけでは、十分に理解したうえで、自分の財産を管理したり、自分に関する契約の締結等をすることが困難です。 
そこで、それらの人々を保護するために、家庭裁判所から選任された成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が、その人の代わりに財産を管理したり、契約を締結したり、またその人が自分で契約を締結する場合に同意を与えたり、その人が同意を得ないで勝手に締結した契約を取消したりします。 成年後見制度には、その人の判断能力の程度によって、「後見」「保佐」「補助」という3つの類型があり、それぞれ「後見人」「保佐人」「補助人」というその人を保護する者が選任されます。
 

尚、八代市では毎月一回、成年後見に関する相談会も開催しております。

八代市成年後見相談
日時
毎月第3金曜日 10:00~12:00
場所 八代市役所市民相談室
主催 八代市 
問合せ
相談内容 成年後見
相談方法 面談のみ
ページの先頭へ