よくある質問

会社の登記

司法書士は会社登記の専門家として、会社登記を中心に、必要な諸手続についてのアドバイスをしたり、書類作成を行っています。 「会社をつくりたい」と思ったときの設立手続、「会社をつくった後」の役員変更や増資などの登記手続についてお手伝いをいたします。

会社を設立したい

現行の会社法では、公開会社にするか非公開会社にするか(株式の譲渡制限規定を設けるか否か)、取締役の人数や代表取締役はどうするか……など、会社組織を設計する上での選択肢が広がっています。起業者の個性や会社へのビジョンなどを検討しながら、設立する会社のスタイルなどについてじっくりとご相談に応じ、ご一緒に会社設計をしてまいります。
会社をつくった後も、役員の変更や会社の機関構成の見直し、商号や目的の変更、資本金の増加、さらには合併や会社分割等による組織再編といったさまざまな課題や問題が生じることがあります。これらの変更や見直しの手続きについても、登記完了まで責任をもってアドバイスします。

事業継承、後継者育成、どうすればいい?

昨今、経営者の高齢化が進む中において、「事業承継」「後継者育成」の問題は深刻です。これらの問題については、経営者の交代・経営の承継・資産の承継という3つのポイントを中心に考えてスムーズに行うアドバイスをします。

ページの先頭へ